« 自室内のIPアドレスの数 | トップページ | 連休の終わり、多摩川のほとりで »

2010.10.11

Windows7のリモートアシスタンスが繋がらない問題の対処

【事象】

 Windows7のリモートアシスタンスで「招待してくれた人を助けます」→「簡単接続の使用」をしても「簡単接続を使用できません グローバルピアツーピアネットワークに接続できませんでした」と表示されて繋がらない。

 プロードバンドルータによってNATでPC側がプライベートIPとなっている環境で発生すると思われる。

 ヘルプの「Windows リモート アシスタンスで簡単接続を使用できない理由」 のどれを確認しても問題なく(とくにPNRPはググってもたいして情報が無いのでハマる)、ルータもPCもUPnPが正しくONとなっていているのに繋がらない場合はこの方法で直るかもしれない。

【原因】

 こちら側(助ける側)のPCでIPv6 Teredoが正常に動作していなかったため。
 TeredoとはNATの内側にあるPCがグローバル(インターネット上)な
 IPv4ネットワーク経由でIPv6接続をするための技術。
 リモートアシスタンスはこれを利用してNAT内からインターネット経由で
 相手のPCを発見して接続する模様。

【確認方法】

 コマンドプロンプトで以下を実行

netsh interface ipv6 show teredo

 表示された内容で「状態」項目が「offline」、「エラー」が「クライアントは管理されたネットワークにあります」となっているようであれば、IPv6 Teredoが異常となっている。
 

C:\>netsh interface ipv6 show teredo
Teredo パラメーター
---------------------------------------------
種類 : client
サーバー名 : teredo.ipv6.microsoft.com.
クライアント更新間隔 : 30 秒
クライアント ポート : unspecified
状態 : offline
エラー : クライアントは管理されたネットワークにあります

【対処方法】

(1) コマンドプロンプトを管理者で実行

 (スタート→全てのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプト上で
 右クリックし、「管理者として実行」をクリック)

(2) コマンドプロンプト内で以下を実行

netsh interface ipv6 set teredo enterpriseclient
→OKと表示されればOK

(3) 再確認してみる。以下を実行

netsh interface ipv6 show teredo
 

 表示された内容で「状態」項目が「qualified」、
 「外部NATマッピング」にルータのグローバルIPが表示されること。

C:\>netsh interface ipv6 show teredo

Teredo パラメーター
---------------------------------------------
種類 : enterpriseclient
サーバー名 : teredo.ipv6.microsoft.com.
クライアント更新間隔 : 30 秒
クライアント ポート : unspecified
状態 : qualified
クライアントの種類 : teredo client
ネットワーク : managed
NAT : restricted
NAT の特殊な動作 : UPNP: いいえ、保持するポート: はい
ローカル マッピング : LAN側のIPアドレス:ポート
外部 NAT マッピング : WAN側のIPアドレス:ポート

※ 他の確認方法
 Windows Media Playerの「接続の診断」を利用すると、IPv6が正しく動作しているか分かる。

 (a) 「ストリーム」
   →「ホームメディアへのインターネット アクセスを許可」
  でチェックがオンになっていない場合はまず有効とする。(一時的でよい)

 (b) 再度「ホーム メディアへのインターネット アクセスを許可」を
  クリックすると「接続の診断」が選択できるのでクリック。

 (c) Teredo項目が「OK」となっていればOK

 参考: 「Windows7: リモート メディア ストリーミングあれこれ

(4) リモートアシスタンスで「簡単接続」を試してみて、パスワード入力画面がでたら成功。

※感想
 これはWindows7のバグ?? 助ける側ならともかく、助けられる側でこんなことが発生したらどうしようもない。teredoは自動的に使えるようになるとMSサイトにも書かれているはずなのだが…
 

【他の原因】


もしこれでもリモートアシスタンスが「簡単接続」できないようなら別の原因が考えられる。

 (1) 相手か自分がWindows7で無い。その他のOSでは「簡単接続」は
   使えない。

 (2) UPnPが有効になっていない。
   古いルータやAppleのルータ(AirMac等)はUPnPが使えないので手動で
   NAT内WindowsマシンのプライベートIP:ポートをグローバル:ポート
   として公開するようポートフォワーディングの設定をする必要がある。

 (3) Windowsファイアウォールやルータのフィルタ機能によりUPnPや
   リモートアシスタンスが利用しているポート番号が塞がれている。

  参考:「UPnPサポートの確認とWindowsファイアウォールの確認

|

« 自室内のIPアドレスの数 | トップページ | 連休の終わり、多摩川のほとりで »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

おー、まじでできるようになりました。
ありがとうございました!

投稿: | 2013.06.19 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34751/49709166

この記事へのトラックバック一覧です: Windows7のリモートアシスタンスが繋がらない問題の対処:

« 自室内のIPアドレスの数 | トップページ | 連休の終わり、多摩川のほとりで »