« iPod nano | トップページ | 東芝 gigabeat X30 »

2005.09.18

東京ゲームショウ2005 劇場クラスの次世代機

GAMESHOW2005

昨日、東京ゲームショウ2005に日本初公開?のPS3とX-BOX360を見に行ってきました。
結論は「次世代機を本当に楽しむには劇場が必要!!」

あとPSPで体験版ゲームを無線LANダウンロードして試遊というのをやってみたかったというのもあります。

実際にその「PlayStation Spot」に行ってみると、みんなが輪になってPSPでゲームしてるので、ちょっと異様な雰囲気。僕もその一員に。
やってみるとけっこうダウンロードに時間がかかります。ダウンロード中はカバンにPSPを入れっぱなしにして他の展示をみたりしてました。
ちょっと時間がなくて(行くのが遅かったせい)ダウンロードして試遊したのは「メタルギア アシッド2」と「LocoRoco」だけでしたが、とくに「LocoRoco」は動きがプニプニしてて面白かったです。
この周りの地形に合わせた変形、ぽよんぽよん感はモーションを手でつけたのではなくリアルタイム計算で出しているような感じ。
PSPでしょぼい3Dやるより、ずっとクールな印象を受けました。

家に持ち帰ってからやってみると音楽もなかなかよかったのですが、ブースでは周りの音がうるさすぎて耳栓イヤホンでもほとんど聞き取れなかったのが残念。

MGS3途中からですがPS3のMETALGEAR SOLID 4(MGS4)リアルタイムデモをコナミブースで観ることができました。
写真小さいですが、真ん中が小島監督です。
基本的にデモ内容は前日のビジネスデイでのトークショウと同じでしたが、「MGS1,2のキャラ総出演」みたいな新情報も聞けました。
セルフシャドウイングをリアルタイムで本当にやっているのは初めて見たかもしれません。
タバコはちゃんとスネークの顔に影を落としていますし、その煙は非常にリアルに立ち上っています。(パーティクル自動計算でしょうね)

いままでの世代では老人をポリゴンで表現しようとするとどうしてもシワが再現できず気持ち悪かったのですが、今回のスネークは本当にカッコイイご老体。ぴちぴち肌ばかりのX-box360 DOA4があまりいままでとの違いが分からなかったのに比べ、かなりインパクトがあります。

SONICこちらはMGS4のすぐ後ろのセガブースです。
もの凄く綺麗で巨大なハイビジョン解像度プロジェクターで、MGS4のマルチモニターがしょぼく見えてしまうくらいでした。(小島監督の話を聞きながらも振り向いてしまうひとが続出)
写真はソニックの次世代機版。とてつもない速度でぶっ飛んでいるので風景が流れてしまっています。
X-BOX360版なのかPS3版なのか不明ですが、MSとSCEのブースでもほぼ同じ映像を流していました。

PS3もちろんPS3のモックも確認してきました。
写真でみるよりはコントローラが小さく見えたのが意外でした。
任天堂Revolutionのコントローラが凄かっただけに、いたって普通のコントローラに見えてしまいます。

PS3のブースは立ち見劇場のようになっていて、中には映画館クラスの巨大スクリーン。そこに次々とPS3作品の映像が流されます。

これがとてつもなく圧倒的美麗!

へたな映画館でみる映画より解像感、動きのなめらかさ(おそらく24fpsではなく60fpsだから)ともに上。ハイビジョン放送にありがちな圧縮ノイズや残像も皆無。
実はプリレンダリングな映像も多かったようですが、MGS4は確実にリアルタイム。コナミブースで見るより遙かに遙かに美しいものでした。

これはおそらく、劇場用1080p三板式DLPプロジェクターを使っているのではないでしょうか。
かつてBloodのデジタル上映を見たときとかなり近いイメージでした。
MS、セガも同様な機器を使っていたと思われます。

XBOX360X-BOX 360のモック?です。
どうみてもただのPCにしか見えません。しかも安めの…
プレイアブル筐体にはみんなこれと同じマシンがちゃんと埋め込まれていたので、すでに完成しているのでしょう。
コントローラは小さめでかなり使いやすかったです。つい真ん中にある「Xboxロゴ」ボタンを押してしまいましたがゲーム中でもXbox Liveシステムメニューらしきものが表示されました。

MSでも巨大プロジェクターでデモ映像を上映。こちらもすばらしい解像度、迫力でした。
(ネットでいくらちっこい絵をみてもこんなの伝わりません)

リッジレーサー6を試遊しましたがちゃんとリッジな挙動でした。簡単ドリフトも健在。
アスファルトのツブツブが妙にハッキリしているのが印象的。

しかし試遊台の液晶TVでは液晶独特の残像と解像感の無さが災いし、劇場レベルの巨大プロジェクターでみた映像ほどの圧倒的美しさはありませんでした。

次世代(ハイデフ)ではちっこいハイビジョンTVでは全然駄目。本当に楽しむには劇場クラスの巨大プロジェクターじゃないと駄目なんじゃないかと感じたゲームショーでした。

|

« iPod nano | トップページ | 東芝 gigabeat X30 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

劇場が必要劇ワロス。
描画仕方が見えちゃう貴殿はポリ公(ポリゴン公爵)決定。
こんな時代だからいっそ、顔が動かないクゼさん仕様で。
コントローラーって外側の形状は変わっても
十字とかは今後も変わらないのかなあ。
電話やTVのちゃんねるが回しからボタンにあったので、コントローラーは逆行してこれからはネジコンが主流(うそ)

投稿: BT | 2005.09.22 00:39

Revolutionのコントローラは一見、ただのリモコンに見えますが、ダイレクトポインティングデバイスにより振ったりねじったりつついたりいろいろ出来そうなよかんですね。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20050920201.html
リッジ6でX-BOX360にネジコン復活!…ないか。

投稿: hiroz | 2005.09.23 01:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34751/5999524

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ゲームショウ2005 劇場クラスの次世代機:

« iPod nano | トップページ | 東芝 gigabeat X30 »